どこまでも、まよいみち

金のたまごをうむカニ@そだひさこ(第二稿)

昔々あるところに、貧乏な石工と、おくさんと、2人の息子がありました。石工の2人の息子はある日、近くの川へ魚釣りにいきましたが、魚はさっぱり釣れませんでした。そしてふと、岩の上を見ると、小さくて、珍しい色をしたカニがいました。2人はもっとよく見ようとカニに近づきました。カニはにげずにじっとしていました。2人はカニをつかまえて家に持ち帰り、石工に見せたあと、バケツの水の中に入れておきました。すると次の朝、カニはなんと、金のたまごをうんでいました。石工は金のたまごを町で売り、たくさんのお金を持って帰ってきました。カニはそれから毎日金のたまごをうんだので、石工は毎日町でそれを売りました。石工の家はすぐにお金持ちになりました。

石工の家のとなりには、仕立屋の家族が住んでいました。仕立屋は、石工が急に金持ちになったわけを知りたくて、毎日石工の家をのぞき見し、金のたまごをうむカニのことをさぐりあてました。仕立屋は何とかしてそのカニを手に入れたいと考えました。そして仕立屋は石工に、
「1日だけそのカニを貸してくれないか、明日必ず返すから。」
と頼みました。石工は、
「1日だけならいいだろう。」
といって、カニを仕立屋に貸してやりました。

仕立屋はカニを持って帰るとさっそく、カニを隅から隅まで観察しました。すると、カニのおなかに、小さな字が書いてありました。それは外国語でしたが、仕立屋は外国語を読む事ができました。そこには、こう書いてありました。
「このカニの甲羅を食べる者は王になる。脚を食べる者は毎朝金貨を手に入れる。」
 仕立屋は大喜びで、さっそくカニをあみに乗せて焼きはじめました(仕立屋は、カニを返す気なんかなかったんだよ!)。そして自分の息子にそれを食べさせるために、急いで息子を呼びに外へ出ていきました。

ちょうどそのとき、仕立屋の家のそばを通りかかった石工の息子たちは、カニが焼けるいいにおいに気がついて、石工の家の開けっぱなしのドアから中を見ました。すると、あのカニが、あみの上でこんがりと焼かれていました。2人はいいました。
「貸したカニを焼いてしまうなんて、ひどいやつだ!」
 そして2人は仕立屋の家にあがりこみ、あみの上のカニを自分たちが食べてしまいました。兄は甲羅を、弟は脚を。そこへ仕立屋が戻ってきたので、2人はいいました。
「貸したカニは返してもらいましたよ。」
 仕立屋はこれをきくと炎のように悔しがり、
「王になる甲羅を返せ、金貨になる脚を返せ!」
と叫びながら、2人を棒で殴りつけました。2人が逃げ帰っても、家まで追ってきて殴りつけました。2人はこのままここにいては殺されてしまうと思い、家族に別れを告げると、2人揃って旅に出ました。

2人は何日も旅を続けました。カニの脚を食べた弟の枕の下からは、毎朝金貨が出てきました。2人は仕立屋の言葉の意味がわかりました。弟は兄にいいました。
「兄さんはきっと、どこかで王様になるにちがいないよ。」

やがて2人は分かれ道にやってきました。弟は兄に、自分の指輪を渡していいました。
「それをぼくだと思っていつも身につけていてくれよ。再会したときにすぐに兄さんだとわかるように。」
 兄は弟に、自分のナイフを渡していいました。
「おまえも、これをぼくだと思っていつも身につけていてくれよ。再会したときにすぐにおまえだとわかるように。」
 そして兄は右の道へ、弟は左の道へ、それぞれあるいていきました。

右の道へいった兄はある町の門に着きました。もう真夜中になっていたので、ここで休むことにして、門のそばに横になりました。ところがちょうどこの町では、王様が亡くなったばかりで、大臣たちが次の王さまを決める話し合いをしているところでした。いちばん偉い大臣が、いいました。
「もし今、この真夜中に、この町の門のところにだれかがいたら、それが次の王だ。」
 大臣たちは城の窓から町の門を見ました。するとそこには、兄が横になって眠っていました。大臣たちはすぐに兄を城に運び入れ、王の冠をかぶせ、王の椅子に座らせました。こうして兄は王様になりました。

左の道へいった弟は、あるにぎやかな町に着きました。町には市場や、酒場や、宿屋がありました。そして町の人々はみな、きれいな服を着ていました。弟は酒場に入り、上等の酒を注文しました。すると、この酒場でいちばん美人のウエイトレスが酒を運んできました。ウエイトレスは、弟の財布に金貨がぎっしり詰まっているのを見ると、いいました。
「あら、旅のおかた、景気がいいこと。運だめしに、私とカードをしてみない?」
 弟はウエイトレスの誘いにのりました。しかし弟は負けに負けて、財布の中身を全部とられて、酒場を出ていきました。
 ところが次の日、弟はまた酒場にやってきました。そしてまた上等の酒を注文しました。酒を運んできたのは昨日と同じウエイトレスでした。ウエイトレスは、弟の財布にまた金貨がぎっしり詰まっているのを見て、いいました。
「あなた、ずいぶんお金持なのね。もう一度カードはいかが?」
 弟はまたウエイトレスの誘いにのりました。しかし弟は負けに負けて、また財布の中身を全部とられて酒場を出ていきました。
 ところがその次の日も、弟は酒場にやってきました。そしてまた上等の酒を注文しました。酒を運んできたウエイトレスは、弟の財布にまた金貨がぎっしり詰まっているのを見て、いいました。
「あなた、本当にお金持なのね。もう一度私とカードをする気はあるかしら?」
 弟はまたウエイトレスの誘いにのりました。しかし弟は負けに負けて、また財布の中身を全部とられて酒場を出ていきました。ウエイトレスはその日、酒場を出た弟のあとをつけました。しかし弟はお金がないので、野宿をするために町のはずれの草っぱらで横になりました。それを見たウエイトレスは思いました。
「これでもう本当にお金がなくなったのね。」
 そして少し気の毒になり、横になっている弟を起こして、自分の家へ連れていきました。弟はウエイトレスにおれいをいって、ソファーに横になりました。ウエイトレスは弟にききました。
「無一文になってしまって、明日からどうするの?」
 すると弟はウエイトレスにいいました。
「何も心配はいらないよ。ぼくは腹の中にあるカニの脚のおかげで、毎朝金貨が手に入るんだ。」
 ウエイトレスは驚きましたが、つとめて平静をよそおって、
「あら、そうなの。」
と興味のないふりをしました。すると弟はこの美人ウエイトレスの気をひくために、今までのことをすっかり話しました。ウエイトレスはじっと弟を見つめながら、話に聞き入っていました。それを見た弟は、いい気分になり、そして眠ってしまいました。

ウエイトレスはそのカニの脚を自分のものにしたくなりました。そして、眠っている弟の口の中に、強いお酒をたっぷりと流し込みました。弟は具合が悪くなって目をさまし、おなかの中のものをげえげえと吐き出し、カニの脚も吐き出してしまいました。ウエイトレスはすぐにそのカニの脚を奪い取ると、弟を自分の家から追い出してしまいました。

次の朝、弟は道端で目をさましました。頭の下からは、もう何も出てきませんでした。仕方なく弟は町を出て、旅を続けることにしました。しかし無一文ですから、宿に入ることも食事をすることもできません。長いこと歩き続けた弟は、おなかがすいて動けなくなり、近くの野っぱらにはえていた青い菜っ葉をちぎって、むしゃむしゃと食べました。すると不思議なことに、弟の体はみるみるロバの姿になりました。弟はわけがわからないまま、その近くにはえていた白い菜っ葉も食べました。するとすぐに人間の姿にもどりました。弟はもう一度、青い菜っ葉を食べてみました。すると弟の体はロバになりました。それから白い菜っ葉も食べてみると、すぐにまた人間にもどりました。

弟は青い菜っ葉をちぎってポケットに入れると、今来た道を引き返し、ウエイトレスのいる町に戻ってきました。そして野菜売りに変装して市場に座っていました。やがてウエイトレスが買い物にあらわれたので、弟は声をかけました。
「お嬢さん、ちょっと珍しい野菜があるよ。この町ではまだ誰も食べたことがないだろうよ、オレンジの味がするサラダ菜だ。どうだい、ひとくち食べてみないかい?」
 ウエイトレスは弟が差し出した青い菜っ葉を受け取り、ひとくち、食べました。するとウエイトレスはみるみるロバの姿になりました。ロバはあわててあばれましたが、弟はロバの首になわをつけ、ロバを引っぱって町を出ていきました。そして弟はロバを連れて旅を続けました。ロバの頭の下から毎朝出てくる金貨はもちろん、弟が自分の財布にしまいました。

やがて弟はある町に着きました。弟はこの町が気にいったので、ここで暮らすことにしました。そしてロバには仕事をさせることにしました。弟はロバにうんと重い荷物を背負わせ、棒でビシビシとたたきながら働かせました。町の人はロバを気の毒に思い、そのことを口々にうわさしました。それはすぐに王様の耳にも入りました。王様は弟のところにやってきて、いいました。
「もう少し、ロバをいたわってやってはどうかね。」
 そして、ロバの背をなでました。その王様の手の指には、あの分かれ道で自分が兄に渡した指輪がありました。弟はゆっくりと、いいました。
「このロバにはこの仕打ちがふさわしいんですよ、兄さん。」
 そういわれて王様は、弟のベルトにさしてあるナイフを見ました。それはまさに、自分があの分かれ道で弟に渡したナイフでした。2人はこの思いがけない再会を大変喜びました。さっそく兄は弟を城に連れていって一緒に食事をし、お互いの今までの話を色々と語りあいました。兄は弟にいいました。
「もうあのロバは解放してやりなさい。そしておまえはこの城で暮らしてはどうだね。」
 弟はそのとおりにすることにしました。

ロバはすぐに、自分が弟にしたのと同じように、口の中に強いお酒をたっぷりと流し込まれました。ロバはすぐに具合が悪くなり、おなかの中のものを全部げえげえと吐き出し、カニの脚も吐き出しました。弟はカニの脚を拾い上げました。そしてロバはふらふらのまま、町の外に放り出されました。ロバが自分の町へ帰る途中で白い菜っ葉を見つけられるように、お祈りしてあげましょうかね。これで昔話はおしまい。

2012.09.30

  背景画像:フリー素材 * ヒバナ