どこまでも、まよいみち

美人鏡(三)

やがて貧しい旦那さんが仕事を終えて家に帰ってくると、貧しい奥さんが台所の床に倒れていました。旦那さんはあわてて奥さんを起こそうとしましたが、奥さんは目をさましませんでした。旦那さんは奥さんを部屋へ運び、寝床に寝かせました。そして、今度は本当に奥さんが死んでしまうかもしれないと思って、台所に戻って、声をころして泣きました。そしてふと、テーブルの下に目をやると、そこに大きな袋が転がっているのを見つけました。その袋の口からは、たくさんのお金がこぼれ落ちていました。旦那さんは何が起こったのかわけがわかりませんでした。旦那さんは言いました。
「どうしてここにお金があるのだろう。いったいどこから降ってきたんだ?」
そして、はっと気がつきました。
「そうだ、お金だ! お医者と薬屋を呼んで来なくては!」

旦那さんはこぼれ落ちていたお金をつかんでふところに入れて、急いで隣町へ走って行きました。そしてお医者と薬屋を連れて戻ってきました。お医者は奥さんを診察すると、旦那さんに向かって、言いました。
「残念だが、奥さんの病気はとても悪い。もう助からないな。」
そのとき、そう言ったお医者の後ろに、あの気味の悪い死神がゆらりとあらわれました。旦那さんは死神を見たとたんに、ああもうだめなのだという絶望の気持ちで心がいっぱいになりました。死神はギョロリとした目で旦那さんを見て、それから大きな口でニタリと笑いました。それから、言いました。
「旦那さん、奥さんを迎えに来たよ。」
お医者と薬屋は死神に驚いて腰を抜かしてしまい、部屋の隅まで這って行き、二人でぶるぶるとふるえていました。旦那さんは、悔し涙を流しながら言いました。
「ああ、今朝は鏡のおかげであんなに元気になっていたのに、夕方帰ってきたらこのありさまだ。いったい私のいない間に何があったというのだ。おい死神! 妻が死ぬのなら俺も死ぬぞ!」
そして旦那さんは死神の手から無理矢理カマを奪い取り、自分の胸に突き刺そうとしました。死神はあわてて旦那さんをおさえこみ、旦那さんの手からカマを取り返しました。死神は言いました。
「旦那さん、私は言ったはずだ。後でまた奥さんを迎えに来るから、せめて死ぬ前の奥さんをなぐさめてやれとな。あの鏡はただの美人鏡だ。死を免れる力などはないのだぞ。」
それを聞いたお医者と薬屋は、ぶるぶるとふるえながら、死神に聞きました。
「あ、あのう、死神さま。美人鏡とはいったい、どんな鏡なのですか。」
死神は二人をギョロリとにらみつけると、大きな口でニタニタと笑いながら言いました。
「あの鏡か。あの鏡は男には何の役にも立たないが、女があの鏡を見ると、自分の顔が世界一の美人に見えるのだ。ただ、それだけのことさ。」
お医者はぶるぶるとふるえながら、
「なるほど、なるほど。」
とうなずきました。薬屋もぶるぶるとふるえながら、
「なるほど、なるほど。」
と感心しました。旦那さんは死神に押さえつけられたまま、
「そういえば鏡がみあたらないぞ。」
と言いました。すると、気を失っていた奥さんが、ぼんやりと目を開けて、言いました。
「鏡、私の鏡、お金持ちの奥さんが持って行ってしまった…」
これを聞くと旦那さんは死神に言いました。
「死神、お願いだ。私は最後にもう一度妻に鏡を見せてやりたい。だから、私が鏡を取り返して戻ってくるまで、どうか妻をこのままにしておいてくれないか。」
死神は旦那さんを押さえつけていた手をゆるめました。旦那さんは死神にお礼を言うと、急いで隣町へ向かいました。

旦那さんが隣町のお金持ちのお屋敷に来ると、お屋敷の中では、お屋敷中のお金がなくなったことに気付いたお金持ちの旦那さんが大騒ぎしていました。そして、お金持ちの奥さんは、美人鏡を見てうっとりしていました。貧しい旦那さんは、ドアを蹴破ってお金持ちのお屋敷にあがりこみ、驚いているお金持ちの旦那さんを押しのけて、お金持ちの奥さんのところへ行き、言いました。
「お金持ちの奥さん、その鏡は私の妻のものだ。はやくこちらに返してください。」
するとお金持ちの奥さんは言いました。
「私はこの鏡をあんたの奥さんから買ったのよ。あれだけお金をやったのに、まだ足りないのかい。貧乏のくせになんて欲張りなのかしらね!」 貧しい旦那さんは言いました。
「私の妻は重い病気でもう助からない。死ぬ前にもう一度その鏡を見せてやりたいのです、どうかその鏡を返してください。いや、どうか少しの間その鏡を貸してください。」
これを聞くと、お金持ちの奥さんは少し考えて、そして意地悪く言いました。
「では、あんたの家にあるお金を全部払うというなら、少しの間貸してやってもいいよ。」
貧しい旦那さんは承知して、ようやく美人鏡を手にすると、お屋敷を飛び出して行きました。
貧しい旦那さんは家に帰ってくると、奥さんに美人鏡を手渡しました。奥さんは嬉しそうに鏡を受け取り、そっとのぞきこみました。そこには、とても美しい自分の顔が映っていました。奥さんは幸せそうに笑って、そして旦那さんに言いました。
「ねえあなた、私とても嬉しいわ、どうもありがとう。」
それから涙をひとつぶこぼすと、目を閉じて、そして動かなくなりました。旦那さんは泣きました。お医者も、薬屋も泣いていました。死神は、奥さんのたましいを連れて、どこかへ消えて行ってしまいました。
するとそのとき、お金持ちの奥さんが貧しい夫婦の家にやってきました。そして勝手にあがりこみ、台所に転がっているお金の袋を拾い上げ、それから皆のいる部屋へ来て、旦那さんに言いました。
「約束通り、お金は持って行くよ。」
そして貧しい奥さんが死んでしまったのを見ると、
「おや、もう鏡も必要ないようだわね。」
と言いました。そして、美人鏡を取上げると、自分の顔を映してうっとりしてから、鏡をお金と一緒に袋に突っ込んで、お屋敷に帰って行きました。

皆はしばらくの間だまっていましたが、やがてお医者が、旦那さんに言いました。
「貧しい旦那さん、もしあんたが病気になったら、私がただで診てやろう。せめてもの私のおわびだよ。それにしてもあの鏡はよくないよ、早く壊してしまうべきだ。」
すると薬屋も旦那さんに言いました。
「貧しい旦那さん、もしあんたが病気になったら、私も薬をわけてやるよ。本当に、すまなかったなあ。それにしてもあの鏡はよくないよ、あんたが行って壊してしまうべきだ。」
そしてお医者と薬屋は隣町に帰って行きました。
旦那さんは、奥さんのなきがらのそばに座って朝まで過ごし、その次の日も、そのまた次の日も、ただ奥さんのそばに座っていました。何日も何日もそうしているうちに、旦那さんはどんどんやつれて、骸骨のようにやせてしまいました。様子を見に来たお医者も薬屋も心配して、ごはんを食べさせようとしたり、薬を飲ませようとしたりしました。しかし旦那さんは奥さんが死んでしまったことを悲しむだけで、ごはんにも薬にも手を付けませんでした。お医者と薬屋は言いました。
「なんとかして旦那さんに元気を出させなくては、このままではやせ細って死んでしまうぞ。」
しかし、二人がどうやっても旦那さんは元気を取り戻すことはありませんでした。
するとそのとき、やせ細った旦那さんの目の前に、ゆらりと、死神があらわれました。旦那さんは死神を見ると、ようやく笑顔をうかべて、言いました。
「ああ、これでやっと私も妻のところへ行けるのだな。」
しかし死神は、冷たい目で旦那さんをにらみつけ、山を砕くような恐ろしい声でこう言いました。
「旦那さん、あんたの寿命はあと八十年あるのだ。死ぬことは私が許さんぞ。今死んでも奥さんのところへはやらぬからそう思え!」
そして死神は、それでも動こうとしない旦那さんの姿を、灰のようによごれた黒猫に変えて、家の外に出してしまいました。黒猫になった旦那さんはもう涙を流すこともできなくなりました。そして奥さんのなきがらはお墓に葬られてしまい、からっぽになった貧しい夫婦の家は別の人の家になりました。よごれた黒猫は、外で小鳥やとかげを襲って食べておなかを満たし、雨の日はよその家の物陰に隠れて暮らすようになりました。
そうして暮らしているうちにいつの間にか、よごれた黒猫は、隣町へやってきていました。そして、大きなお屋敷の物陰で雨をしのいでいました。ここはあのお金持ちの奥さんのお屋敷だったのですが、よごれた黒猫になってしまった旦那さんは、人間だったときの事をほとんど忘れてしまっていました。雨は何日も降り続き、黒猫は何日もこのお屋敷の物陰で雨をしのぎました。するとやがてこのお屋敷の女中が黒猫を見つけ、残り物をやったりして可愛がるようになりました。そして雨があがっても、黒猫はこのお屋敷に留まって、女中に食べ物をもらって暮らすようになりました。
あるとき、このお屋敷のお金持ちの奥さんが、女中と黒猫が遊んでいるのを見つけました。お金持ちの奥さんはこの黒猫がすっかり気に入ってしまい、女中から黒猫を取り上げて、自分の部屋に連れて行きました。お金持ちの奥さんは黒猫に、うんと高価なお肉を食べさせたり、珍しい首輪をつけたりして可愛がりました。黒猫はこの奥さんのお屋敷で、雨にぬれることもおなかを空かせることもない贅沢な暮らしをすることになりました。

そして何日かが過ぎました。ある日のこと、お金持ちの奥さんは寝床に入ってもなかなか寝付けませんでした。そこで、あの手鏡を取り出してのぞきこみ、うっとりしながら黒猫に言いました。
「ねえ、黒猫ちゃん。この美人鏡の中の私、とっても美人でしょう?」
そのとき黒猫は、お金持ちの奥さんの後ろに、ゆらりとあらわれた死神の姿を見つけました。そのとたんに黒猫は、自分が人間だったときの事をすっかり思い出しました。死神はギョロリとした目で黒猫を見て、それから大きな口でニタリと笑いました。それから、言いました。
「旦那さん、お金持ちの奥さんを迎えに来たよ。」
黒猫はこの言葉を聞くが早いか、お金持ちの奥さんの持っている手鏡に飛びかかりました。奥さんは驚いて手鏡を放り出しました。すると手鏡は床に落ち、大きな音を響かせて割れてしまいました。奥さんは悲鳴をあげて、大事な鏡のかけらを拾い集めようと鏡に駆け寄りました。そしてそのとき、するどい破片のひとつを素足で踏んでしまいました。するとその破片は、お金持ちの奥さんを、この世から切り離してしまいました。
死神は、黒猫の旦那さんを人間の姿に戻すと、お金持ちの奥さんのたましいを連れて、どこかへ消えて行ってしまいました。

貧しい旦那さんは戻る家もなかったので、貧しい奥さんのお墓のそばに小屋を建てて暮らし始めました。旦那さんは以前と同じように一生懸命に働いて、残りの何十年間を過ごしました。そして寿命が尽きたときに旦那さんを迎えに来たのは、死神ではなく、旦那さんが会いたくてたまらなかった最愛の奥さんだったのだそうですよ。

めでたし、めでたし。

2008.02.11

  背景画像:フリー素材 * ヒバナ